キャバクラの仕事後は必ず化粧を落とすこと

キャバクラのお仕事は夜のお仕事ですし、お酒を飲んだりすることも多いです。

 

 

それに加えてタバコの煙など空気が悪い環境で働くことも多く、華やかであり多くの人の憧れの職業ですが、女性の美容にとっては実はあまり良くない環境です。

 

 

そんなキャバクラで働く女性たちですが、他のお仕事と違って見た目が商売道具です。

 

 

キャバクラに通う男性たちは、綺麗な女性に接客してもらえると嬉しいものですし、テンションが上がるものです。

 

 

キャバクラではバッチリメイクを決めて華やかな格好をしますが、やはり素肌の美しさはメイクの出来栄えにも変わってきます。

 

 

キャバクラで働く女性は忙しいことも多く、お酒を飲んだ後帰宅するとエステサロンに通ったり素肌のお手入れをするよりも寝ていたいという人が非常に多いです。

 

 

ハードなお仕事に加え、アルコールによる眠気も影響することもあり、化粧をしたまま寝てしまうこともあるかもしれません。

 

 

しかし、毎日帰宅後どうしてもしんどい時でも必ずお化粧だけは落とすようにしましょう。

 

 

メイクをしたまま寝ることは、お肌にとっては一番いけないことだと思います。

 

 

最近はクレンジングを含ませてあってただ拭くだけのコットンや、洗顔不要でそのままお肌のお手入れが出来るクレンジングなど、手軽な化粧落としグッズがたくさん売られています。

キャバクラの仕事とダイエット

キャバクラで働く女子の課題として、体型キープをどうするかといった問題があります。

 

 

六本木のキャバクラを見ても分かるように、最近のキャバ嬢はモデルのように細いのが当たり前といった感じです。

 

 

キャバクラではお客様と一緒にお酒を飲むことが多い仕事ですが、お酒はかなりカロリーが高い事も多く、糖質も多く含まれています。

 

 

お酒の飲みすぎはカロリー過多になる原因ですし、キャバクラのお仕事ではいつも夜遅くでもお酒を食べたり何かをつまんだりすることも多く、ダイエットとの両立が難しいこともあります。

 

 

お店をクローズしても、友達や女の子同士で外食に出かけたりすることもありがちです。

 

 

キャバクラのお仕事をしていると通常の生活よりも超夜型になるのですが、寝る前三時間以降にはなるべくカロリーを摂らないようにすることが大切です。

 

 

また、休みの日には代謝を上げるために湯船にじっくり使って体をあたためてあげるのもおすすめです。

 

 

アルコールを摂ることが多いキャバクラのお仕事では、毎日湯船に浸かるというのは危険なので、アルコールが入っていない日を狙いましょう。

 

 

その他、時間にゆとりがある場合にはスポーツジムに通ったり、エステで体型維持をされる女の子も多いようです。

 

 

普段の食事はカロリーを控えめにして野菜中心にしたり、ダイエットサプリメントを飲んだりすると、キャバクラのお仕事をしていても太り辛くなります。